2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WD20EARSを使って、8TBファイルサーバー!

前回の記事はこちら

やっぱり買ってしまった(笑)
WESTERN DIGITAL:2TBハードディスク(WD20EARS)  安かったので。
IMG_1169_convert_20100726204733.jpg



ホームページ上では回転数は公開されてなかったけど、
どうやら、5400rpmらしい。サーバー用途で、RAID組むので、こちらの方がありがたい。
IMG_1170_convert_20100726204823.jpg

インターネット上をいろいろ検索してると、どうもこのHDDはクセがあるらしい。
通常は512バイトの物理セクタなのに対して、このディスクは4096バイトで、
ファームウェアで論理的に512バイトに見せている?
WESTERN DIGITALは「Advanced Format Technology」と読んでる技術?
Windows XPではこれに対応してないのか読み書き機能が低下するとのこと。
Windows 7は対応しているからそのまま使える。
HDDの入ってた袋にはラベルが。
WD20EARS_label.jpg
Windows XPでマルチパーティションはWESTERN DIGITALの提供するアラインソフトを使えって?
Windows XPでシングルパーティションはジャンパピンを設定しろって?
そのほかは?ハテナ???(?_?)
Linuxは?


う~ん、とりあえず使ってみよう!(笑)

今回はすでに稼動している、4TBファイルサーバーのディスクをこれに交換して、
8TB、RAID5にする。

マザーボード上の接続可能なSATAをMAXで使ってるので、
交換作業の流れはこんな感じかな。
1.HDDを1つはずす
2.新しいHDDを取り付け
3.新しいHDDのパーティション作成
4.RAIDを同期させる。
5.1~4を4台分繰り返す。
6.容量の拡大


現在のRAID構成は
/dev/hda1/boot
/dev/sda1/dev/md0/
/dev/sdb1/dev/md0
/dev/sdc1/dev/md0
/dev/sdd1/dev/md0
ブートにはコンパクトフラッシュを/bootに割り当ててそこから起動している。
この構成swapがなかったのか...

変更後、はこうなる予定。
/dev/hda1/boot
/dev/sda1/dev/md1swap
/dev/sdb1/dev/md1
/dev/sdc1/dev/md1
/dev/sdd1/dev/md1
/dev/sda2/dev/md0/
/dev/sdb2/dev/md0
/dev/sdc2/dev/md0
/dev/sdd2/dev/md0


まずは、OSがどのHDDをどう認識してるか分からなかったので
とりあえず、HDDを1つ取り外してみる。(RAID5なので1つ故障状態にみたててw)

取り外し後はこんな認識。
[root@smbserver ~]# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid6] [raid5] [raid4]
md0 : active raid5 sdd1[3] sdc1[2] sdb1[1]
      2930279424 blocks level 5, 256k chunk, algorithm 2 [4/3] [_UUU]

[root@smbserver ~]# mdadm -D /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 0.90
  Creation Time : Tue Jan  6 00:47:30 2009
     Raid Level : raid5
     Array Size : 2930279424 (2794.53 GiB 3000.61 GB)
  Used Dev Size : 976759808 (931.51 GiB 1000.20 GB)
   Raid Devices : 4
  Total Devices : 3
Preferred Minor : 0
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Mon Jul 26 16:19:26 2010
          State : clean, degraded
 Active Devices : 3
Working Devices : 3
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 256K

           UUID : cbd85226:1b8f37a8:70dfc066:c1f67474
         Events : 0.1116

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       0        0        0      removed
       1       8       17        1      active sync   /dev/sdb1
       2       8       33        2      active sync   /dev/sdc1
       3       8       49        3      active sync   /dev/sdd1

動いてるのがsdd1[3] sdc1[2] sdb1[1]ということなので、 取り外したのはsda1みたいだ。

シャットダウンして、新しいHDDを取り付け。
起動してみると、心配してた認識もちゃんとして出来てる。
[root@smbserver ~]# /bin/dmesg
~~~~~~中略~~~~~~~

ata1: SATA link up 3.0 Gbps (SStatus 123 SControl 300)
ata1.00: ATA-8: WDC WD20EARS-00MVWB0, 50.0AB50, max UDMA/133
ata1.00: 3907029168 sectors, multi 16: LBA48 NCQ (depth 0/32)

~~~~~~中略~~~~~~~



クセのあるこのHDD(WD20EARS)。普通にfdiskしてみる。
[root@smbserver ~]# fdisk /dev/sda

このディスクのシリンダ数は 243201 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
   (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 243201 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-243201, default 1): 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-243201, default 243201): +10G

コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。

[root@smbserver ~]# mke2fs -j /dev/sda1
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
1224000 inodes, 2443880 blocks
122194 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=2503999488
75 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16320 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 25 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[root@smbserver ~]# mount -t ext3 /dev/sda1 /mnt/
[root@smbserver ~]# dd if=/dev/zero of=/mnt/test bs=128k count=32768
32768+0 records in
32768+0 records out
4294967296 bytes (4.3 GB) copied, 120.162 seconds, 35.7 MB/s


ext3でフォーマット。
[root@smbserver ~]# mke2fs -j /dev/sda1
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
1224000 inodes, 2443880 blocks
122194 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=2503999488
75 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16320 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 25 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[root@smbserver ~]# mount -t ext3 /dev/sda1 /mnt/
[root@smbserver ~]# dd if=/dev/zero of=/mnt/test bs=128k count=32768
32768+0 records in
32768+0 records out
4294967296 bytes (4.3 GB) copied, 120.162 seconds, 35.7 MB/s



マウントして、書き込み速度を見てみる。
[root@smbserver ~]# mount -t ext3 /dev/sda1 /mnt/
[root@smbserver ~]# dd if=/dev/zero of=/mnt/test bs=128k count=32768
32768+0 records in
32768+0 records out
4294967296 bytes (4.3 GB) copied, 120.162 seconds, 35.7 MB/s

やっぱ、遅い??



こんどはここを参考に「fdisk -H 224 -S 56 /dev/sda」でやってみる。
[root@smbserver ~]# umount /dev/sda1
[root@smbserver ~]# fdisk -H 224 -S 56 /dev/sda

このディスクのシリンダ数は 311465 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
   (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
224 heads, 56 sectors/track, 311465 cylinders
Units = シリンダ数 of 12544 * 512 = 6422528 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1        1559     9775521   83  Linux
Partition 1 does not end on cylinder boundary.

コマンド (m でヘルプ): d
Selected partition 1

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
224 heads, 56 sectors/track, 311465 cylinders
Units = シリンダ数 of 12544 * 512 = 6422528 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-311465, default 1):
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-311465, default 311465): +10G

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
224 heads, 56 sectors/track, 311465 cylinders
Units = シリンダ数 of 12544 * 512 = 6422528 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1        1558     9771748   83  Linux

コマンド (m でヘルプ): x

上級者コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 224 heads, 56 sectors, 311465 cylinders

Nr AF  Hd Sec  Cyl  Hd Sec  Cyl     Start      Size ID
 1 00   1   1    0 223  56 1023         56   19543496 83
 2 00   0   0    0   0   0    0          0          0 00
 3 00   0   0    0   0   0    0          0          0 00
 4 00   0   0    0   0   0    0          0          0 00

上級者コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。
[root@smbserver ~]# mke2fs -j /dev/sda1
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
1221600 inodes, 2442937 blocks
122146 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=2503999488
75 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16288 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 28 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[root@smbserver ~]# mount -t ext3 /dev/sda1 /mnt/
[root@smbserver ~]# dd if=/dev/zero of=/mnt/test bs=128k count=32768
32768+0 records in
32768+0 records out
4294967296 bytes (4.3 GB) copied, 55.7898 seconds, 77.0 MB/s

倍くらいになったみたい。よし。


あと、通常63セクタから始まるのに、54セクタになってなんだか気持ち悪いのは自分だけか?
ここを見習って64セクタから開始するようにする。

SWAP領域と、データ領域を作成してタイプをRAID(fd)に設定!
[root@smbserver ~]# fdisk -H 224 -S 56 /dev/sda

このディスクのシリンダ数は 311465 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
   (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
224 heads, 56 sectors/track, 311465 cylinders
Units = シリンダ数 of 12544 * 512 = 6422528 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-311465, default 1):
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-311465, default 311465): +4G

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
224 heads, 56 sectors/track, 311465 cylinders
Units = シリンダ数 of 12544 * 512 = 6422528 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1         624     3913700   83  Linux

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 2
最初 シリンダ (625-311465, default 625):
Using default value 625
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (625-311465, default 311465):
Using default value 311465

コマンド (m でヘルプ): t
領域番号 (1-4): 1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): fd
領域のシステムタイプを 1 から fd (Linux raid 自動検出) に変更しました

コマンド (m でヘルプ): t
領域番号 (1-4): 2
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): fd
領域のシステムタイプを 2 から fd (Linux raid 自動検出) に変更しました

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 2000.3 GB, 2000398934016 bytes
224 heads, 56 sectors/track, 311465 cylinders
Units = シリンダ数 of 12544 * 512 = 6422528 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1         624     3913700   fd  Linux raid 自動検出
/dev/sda2             625      311465  1949594752   fd  Linux raid 自動検出

コマンド (m でヘルプ): x

上級者コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 224 heads, 56 sectors, 311465 cylinders

Nr AF  Hd Sec  Cyl  Hd Sec  Cyl     Start      Size ID
 1 00   1   1    0 223  56  623         56    7827400 fd
 2 00   0   1  624 223  56 1023    7827456 3899189504 fd
 3 00   0   0    0   0   0    0          0          0 00
 4 00   0   0    0   0   0    0          0          0 00

上級者コマンド (m でヘルプ): b
領域番号 (1-4): 1
新規データ開始位置 (56-7827455, default 56): 64

上級者コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sda: 224 heads, 56 sectors, 311465 cylinders

Nr AF  Hd Sec  Cyl  Hd Sec  Cyl     Start      Size ID
 1 00   1   1    0 223  56  623         64    7827392 fd
 2 00   0   1  624 223  56 1023    7827456 3899189504 fd
 3 00   0   0    0   0   0    0          0          0 00
 4 00   0   0    0   0   0    0          0          0 00

上級者コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。


作成したデータ領域をRAIDに参加させる。
[root@smbserver ~]# mdadm /dev/md0 --add /dev/sda2
mdadm: added /dev/sda2


おっ!参加させるだけで同期が始まった。
あとは、終わるのを待って次を...
って、434分?7時間もかかるのね。(^^;
[root@smbserver ~]# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid6] [raid5] [raid4]
md0 : active raid5 sda2[4] sdd1[3] sdc1[2] sdb1[1]
      2930279424 blocks level 5, 256k chunk, algorithm 2 [4/3] [_UUU]
      [>....................]  recovery =  0.0% (449792/976759808) finish=434.1min speed=37482K/sec



つづきは、同期後。




ファイルサーバー容量拡大計画

ファイルサーバー

ファイルサーバの容量が残り30GBとかになってきたので、容量の拡大を計画。

↓が現在のスペック

・マザーボード(EPIA/SN1000-EG)
(オンボードCPU:C7)
・MEM 2G
・HDD RAID5 1TB×4(WD10EACS)
・OS Linux(CentOS 5.5)
・電源 ACアダプタ180W PLS180
・ケース Windy MC3

すでに1TのHDDを4台使っているので、

変更後は2T×4台(RAID5)となる予定。

選定としてはこんなとこでしょうか。



前も「WESTERN DIGITAL」使ってたし...と、なんだか安易に選びそう。

それにしても、1万前後で買えるようになるなんて、スゴイことになってますね。


あとは変更後の容量は、8TB(RAID5なので実質使えるのは6TB)となる訳ですが、

これが認識するのかが、心配。

マザーボード、ファイルシステムが認識するのか調べなくてわ。(汗)

そしてRAIDの拡張方法(忘れた...)。


MacBook Pro 購入

Macを買いました。

iPhone、iPadがあって、Macがないのはどうかと?思い衝動買いです。笑

購入したのは MacBook Pro 13インチ。

・2.4GHz Intel Core 2 Duo
・4GB 1066MHz DDR3 SDRAM - 2x2GB
・250GB Serial ATA Drive @ 5400 rpm
・SuperDrive 8x (DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)

今のパソコンって4Gもメモリあるんですね。

なんだか贅沢です。

MacBookPro_1.jpg

MacBookPro_3.jpg


英語キーボードにしました。エンターキーが小さいので慣れるまで大変です。

半角/全角キーがないので、英語⇔日本語の切替えは

「Commandキー」+「スペースキー」で行います。

キーに日本語の刻印がないのでスッキリかっこいいっ!^^;

MacBookPro_2.jpg


そして、Magic Mouse。

デスクトップには標準でついているのですが、ノートにはない。。。悲

追加で買っちゃいました。

こちらも慣れが必要ですね。スクロールは上面をなぞることでできます。

magic_mouse.jpg


あと、一番気になったのはポインタの動き。

マウスをゆっくり動かすと、ホントにゆっくりで、

早く動かすと、加速度がついてヒュっっっと動きます。(表現が難しい。。。^^;)

Windowsみたいにマウスの動きと比例した動きにならないかと、設定をいじったけど、

どうやらダメみたい。


と、調べているうちにこんなのを見つけました。

Magic Mouse対応のMagic Driver。設定次第で自分好みの動きに出来て重宝してます。

シェアウエアですが、現在ベータ版のため、2010年9月まで試用できます。

magic_driver.jpg

Magic Mouse以外のマウスを使用してるときはSteer Mouseが便利そうです。

シェアですが、お試しあれ。




Windows 7で自動ログイン

Windows 7 をインストールしました。

慣れてないからか、とても使いづらい(><)

とりあえず、自分しか使わないパソコンなので

自動ログインに設定する。

XP や Vista と同じように

「control userpasswords2」

と、[スタート] - [すべてのプログラム] - [アクセサリ] - [ファイル名を指定して実行] から入力するか、

キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押すと[ファイル名を指定して実行]が表示される。

「ユーザがコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックをはずし、

「OK」を押す。

パスワードを入力して完了!!


G-Monster SSD 壊れる

普段データ用に使用していたG-MonsterのSSD(PF25S128GSSD)が突然使えなくなりました。

gmonster-v1.jpg

S-ATA、USB接続と、使い勝手のよかったのに。。。

ちょうど一年前の1月に購入。HPをみたらすでに生産中止になっていた。

朝使おうとしたら、認識しなくなり、「フォーマットしますか?」なんて聞かれてしまった。

コンピュータの管理画面からは「1.92G」の認識に。。。

133.jpg

おー、ノー!! 128Gもあるハズなのに。。。

どーしたもんか?すでに保障1年は過ぎたから交換?は無理か?

しかし、ぴったり1年で使えなくなるなんて、ひどいでしょ!!ソニーマジック!?

というか中のデータが一番ほしいのだがぁ。


Touch Diamond(S21HT)をルーター化する2

前からの続き


ブロードバンドルータのDHCP機能を無効にしておく。
(CG-WLBARGPXの場合)
ルーター設定

S21HTの無線LAN機能を有効にし、Wi-Fi接続でブロードバンドルータと接続。
(詳細は省略)
DHCPを無効にしたので、IPアドレスは取得できない。

次にS21HTのプログラムからWMWifiRouterを起動する。
IMG_1046.jpg

試用版なのでTrialをタップする。
IMG_1047.jpg

使用許諾を確認。同意するをタップ。
IMG_1048.jpg

メインメニューが起動。
IMG_1049.jpg

左上アイコン(3G⇒)か 左下の[接続]から[携帯電話からWi-Fi]を選択。
画像は接続完了時のもの。
IMG_1050.jpg


設定画面のメモを取り忘れてしまったので、セットアップ完了後の設定だが、
WMWifiRouterの設定。

Wi-Fiネットワーク管理方法:設定済み(速度重視)
設定する接続モード:なし(上級者向け)
IMG_1051.jpg

IMG_1052.jpg


以上で、設定は完了なので、PCから接続してみる。
ブロードバンドルーターでDHCPを使用していた場合、以前の設定が残っているので、
コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行する。(Windowsの場合)
> ipconfig /release (IPアドレスの開放)
> ipconfig /renew (IPアドレスの再取得)

WMWifiRouterはデフォルトで[192.168.1.X]のネットワークになっているので、
オプションの[IPアドレスの範囲]から変更できる。
IMG_1055.jpg

PCのIPアドレス取得がうまくいっているか、ネットワークを変更してから
再度上記コマンドを実行すると、分かりやすい。


これで複数の自宅PCをS21HT経由でインターネットできる。

回線速度としては、2Mbps前後だった。
軽いWebページならいいが、重たいページや大容量ファイルをダウンロードするには
ちょっとつらい。

また、接続しているときに、S21HT自体が発熱して結構あつくなるので、
注意が必要かもしれない。

テーマ:イー・モバイル - ジャンル:携帯電話・PHS

Touch Diamond(S21HT)をルーター化する

S21HTにはインターネット共有機能を使うとUSB、BluetoothでPCと接続して
モデムとして使える。

しかし1台しか接続できないので、自宅無線LANを使用してブロードバンドルーター経由で
S21HTに接続し、無線LAN機能のないデスクトップPCたちをインターネットに繋ぐ。

以下は実施した内容のメモ。

S21HTにルーターソフト(WMWifiRouter)をインストール
PCでダウンロードしてインストールも出来るが、簡単にS21HTで公式サイトからダウンロードする。
WMWifiRouterはS21HTなどのWindows携帯をルーター化できるソフト。
(シェアウエア 3,150 円)
今回は試用版(20日間)でお試し。

EMnetサービスにアクセス
s-IMG_1038.jpg

「このアプリでルーター化」からダウンローロードページへ
無料でためすをタップし、使用許諾を確認して、ダウンロード開始。
s-IMG_1039.jpg

保存をタップして保存場所を指定。内部ストレージを選択。
s-IMG_1042.jpg

ダウンロードが完了したら、ファイルエクスプローラで、保存場所を開く。
s-IMG_1043.jpg

WMWifiRouterをタップしてインストールを開始。
インストール場所はとりあえずデフォルトのまま、デバイスを選択。
s-IMG_1044.jpg
s-IMG_1045.jpg


完了したら次に、無線LANブロードバンドルーターとS21HTの設定

テーマ:イー・モバイル - ジャンル:携帯電話・PHS

Windows 7 をためす

Vistaの次にあたる、「Windows 7」のRC版公開されているので、ためす。

正式リリースは10月頃のよう。


あいているHDDなんてないし、今の環境をデュアルブートにするのは
いやだったので、Windows XP上に、VMWare Playerでインストール。

以下、実施手順。

まずはMSのページからisoファイルをダウンロードしておく。

使用している、VMware Player 2.5.2はisoファイルを直接マウントできるので、
CDに焼いたりはしない。

1.仮想ディスク ファイルを作成する。
> D:\qemu-0.9.1-windows>qemu-img.exe create -f vmdk D:\VMware\Windows7\Windows7.vmdk 40G
   Formating 'D:\VMware\Windows7\Windows7.vmdk', fmt=vmdk, size=41943040 kB

ファイルサイズは適当に40Gにて作成。
(インストール完了後の実際のファイルサイズは5G程度だった)


2.vmxファイルを作成して、VMware Playerを起動。
以下は使用したvmxファイル。以前使っていたFedoraを流用。

.encoding = "Shift_JIS"
config.version = "8"
virtualHW.version = "3"
memsize = "1024"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "Windows7.vmdk"

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "E:"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"

floppy0.present = "FALSE"
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "bridged"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"
displayName = "Windows7"
guestOS = "other"
nvram = "Windows7.nvram"
scsi0:0.redo = ""
ethernet0.addressType = "generated"
uuid.location = "56 4d e4 58 39 84 71 bb-f2 bc 84 b6 72 89 2c b4"
uuid.bios = "56 4d e4 58 39 84 71 bb-f2 bc 84 b6 72 89 2c b4"
ide1:0.autodetect = "FALSE"
ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:89:2c:b4"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
checkpoint.vmState = ""
tools.remindInstall = "FALSE"
ide0:0.redo = ""

extendedConfigFile = "Windows7.vmxf"
virtualHW.productCompatibility = "hosted"
tools.upgrade.policy = "manual"

vmotion.checkpointFBSize = "16777216"

tools.syncTime = "FALSE"


3.インストール開始
メニューの[デバイス]にある[CD/DVD(IDE)]-[ディスク イメージ ファイル(iso)に接続...]から
ダウンロードしたファイルを指定してインストールを開始する。
Windows7インストール

何度か再起動し(仮想的に)、完了。


4.ユーザ、パスワードを設定
Windows7インストール2

Windows7インストール3


5.完了!
Windows7インストール5

Windows7インストール6


インストールは簡単でしたv

途中、時刻設定など設定項目がありますが、特に難しいことはありません。

使用感は仮想環境なので、なんとも言えないですが、

Vistaのエアロは使えませんでした。
しかも、ネットワークが認識せず、IEなども使えず。。。

下のタスクバーが大きくなっていますが、基本的な操作は以前と同じです。

エクスプローラなど、Vistaを引き継いでいて、自分は扱いずらい。


う~ん、これどうなんでしょ??

結論は~、XPのままでいいじゃん。(笑)

今日届いたもの




ワットチェッカーなんてものを購入。
電気屋を探してもなかったので、ネットで検索。送料無料、5400円。

なんでそんなもの買ったかというと、
冬だと電気代、ガス代がやたら高い!
そんなに使ってるか?まさか漏電?
というくらい。。。

最近はメーターまで毎日チェックする始末。
そこで、実際の使用量を見ようと思って。

なんせ、我が家には仕事柄PCが
1、2、3、4、・・・5、6?台(2台は使ってませんが)
あります。あせあせ

早速まずはファイルサーバ。
この白いPCは24時間つけっぱなしなので一番重要?
・ファンレスマザーボード(EPIA/SN1000-EG)
(オンボードCPU:C7)
・MEM 2G
・HDD RAID5 1TB×4(WD10EACS)
・Linux(CentOS)
・ATX 350W電源(岡谷ファンレス)
アイドリング時で50~55W
ネットワーク経由Read56~60W
ネットワーク経由Write58~61W
電源ON ~55W(瞬間80Wになったのは見間違いかなぁ)

次はメインPC(構成はうる覚え・笑)
・GIGABYTE ???
・QuadCore6600
・MEM 2G
・HDD 80GB
・WinXP SP3
・ATX 350W電源(岡谷ファンレス)
アイドリング70W~101W
電源ON ~122W


分かったことは、
テレビ、HDDレコーダー、PC類など、がささっている
大元の電源をはかったらトータル400Wくらい使っている。

もしこれを24時間、1ヶ月使ったら・・・
0.4kW×24h×30日×15.58円/kWh=4487円
らしい。
+冷暖房代かぁ。うちは灯油禁止だから、エアコンが大活躍だしなぁ・・・
あ、基本料も。。。

もうちょっと節電しようっと。あせあせ(飛び散る汗)

VistaPC作成計画 その3

昨日、HDD買って来ました。
チラシに出てた500GBを購入。

そして今日、CPUとOS買ってきました!
ケースはこの前、ネットで注文済み。

あと、マザーボートと光学ドライブだ。
まだ全然選定してないけど、何にしよう・・・




M/B:MicroATX
ケース:Windy製 MicroATX
CPU:core2 Duo(E6600 2.4GHz)
HDD:500G
MEM:DDR2 1G×2
ビデオ:未定(オンボード?)
キャプチャ:未定(IO-Data?)
OS:Windows Vista Ultimate

VistaPC作成計画 その2


今日チラシを見てたら日替わり特価
デスクトップ用メモリ 1G×2\10,970-で出てた。

いつもの通り休みのスロースタートで
午後からとりあえず見に行ったらまだあった。

5個限りだったけど、整理券を貰うと2番?
一個しか売れてないのね・・・;

ほとんど知らないメーカー?だけど
保障ついてるみたいだからいっか。
と、お買い上げ。

まだケースもCPUもHDDもないのに
なぜかメモリだけ手元にあります。笑

スリムのMATXケースでかっこいいのないかなぁ?

VistaPC作成計画 その1

Vista PCを作ろうと計画中。

せっかくなので、MediaCenterの機能を使いたい。
リモコン操作でTV試聴、録画を出来るようにしようと。
(ついでに録りだめしてDVDに焼きたい)

とすると、横置きリビングPCだな。

と思ってPCケースを探したけどなかなかイイのがない!!
とりあえずWindyのALTIUM FC200Lが候補。
http://www3.soldam.co.jp/case/altium_fc/200_l/index.html

高さは10cm(だいたい)だからちょうどいい。
奥行きが42.6cmはちょっとデカイか?
HDDレコーダと比べたら勝ち目ないから妥協しよう…

とりあえず予定スペック
マザー:MicroATX
CPU:core2 Duo(クロック未定)
HDD:500G?(そんないらないか?)
MEM:DDR2 1G×2
グラフィック:TV出力必須
キャプチャ:未定(IO-Data?)
OS:Windows Vista Ultimate(←読み方はアルティメットでいいのか?)
ほとんど何も決まってないのといっしょだな。笑

<追記 07.15>
これイイかも!
http://www.links.co.jp/html/press2/ahanix_X301.html
と思ったけど、売ってねぇ!!

«  | ホーム |  »

About

yuuk

Author:yuuk
SE、プログラマー。

MacBook Pro (13-inch, 2017) New
MacBook (12-inch, 2016)
iPhone X(64GB) New
iPad mini 4
iPad mini 2
NEX-5
Copen(L880K)

当ブログはリンクフリーです。
リンクしていただけたら、Twitterかコメント欄でお教えください。
こちらからもリンクさせていただきます。

Twitterボタン

Recent Entries

Category

PC (27)
Mac (7)
Windows (2)
Linux (1)
スマートフォン (12)
iPhone (6)
Android (6)
WiMAX (3)
データベース (3)
カメラ (2)
車 (2)
Copen (1)
Kei (1)
プログラム (4)
本 (2)
映画 (1)
自炊 (2)
相互リンク (1)
日記 (19)

Search

Links

Counter

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。