2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7で自動ログイン

Windows 7 をインストールしました。

慣れてないからか、とても使いづらい(><)

とりあえず、自分しか使わないパソコンなので

自動ログインに設定する。

XP や Vista と同じように

「control userpasswords2」

と、[スタート] - [すべてのプログラム] - [アクセサリ] - [ファイル名を指定して実行] から入力するか、

キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押すと[ファイル名を指定して実行]が表示される。

「ユーザがコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックをはずし、

「OK」を押す。

パスワードを入力して完了!!


スポンサーサイト

Windows 7 をためす

Vistaの次にあたる、「Windows 7」のRC版公開されているので、ためす。

正式リリースは10月頃のよう。


あいているHDDなんてないし、今の環境をデュアルブートにするのは
いやだったので、Windows XP上に、VMWare Playerでインストール。

以下、実施手順。

まずはMSのページからisoファイルをダウンロードしておく。

使用している、VMware Player 2.5.2はisoファイルを直接マウントできるので、
CDに焼いたりはしない。

1.仮想ディスク ファイルを作成する。
> D:\qemu-0.9.1-windows>qemu-img.exe create -f vmdk D:\VMware\Windows7\Windows7.vmdk 40G
   Formating 'D:\VMware\Windows7\Windows7.vmdk', fmt=vmdk, size=41943040 kB

ファイルサイズは適当に40Gにて作成。
(インストール完了後の実際のファイルサイズは5G程度だった)


2.vmxファイルを作成して、VMware Playerを起動。
以下は使用したvmxファイル。以前使っていたFedoraを流用。

.encoding = "Shift_JIS"
config.version = "8"
virtualHW.version = "3"
memsize = "1024"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "Windows7.vmdk"

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "E:"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"

floppy0.present = "FALSE"
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "bridged"
usb.present = "TRUE"
sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"
displayName = "Windows7"
guestOS = "other"
nvram = "Windows7.nvram"
scsi0:0.redo = ""
ethernet0.addressType = "generated"
uuid.location = "56 4d e4 58 39 84 71 bb-f2 bc 84 b6 72 89 2c b4"
uuid.bios = "56 4d e4 58 39 84 71 bb-f2 bc 84 b6 72 89 2c b4"
ide1:0.autodetect = "FALSE"
ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:89:2c:b4"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
checkpoint.vmState = ""
tools.remindInstall = "FALSE"
ide0:0.redo = ""

extendedConfigFile = "Windows7.vmxf"
virtualHW.productCompatibility = "hosted"
tools.upgrade.policy = "manual"

vmotion.checkpointFBSize = "16777216"

tools.syncTime = "FALSE"


3.インストール開始
メニューの[デバイス]にある[CD/DVD(IDE)]-[ディスク イメージ ファイル(iso)に接続...]から
ダウンロードしたファイルを指定してインストールを開始する。
Windows7インストール

何度か再起動し(仮想的に)、完了。


4.ユーザ、パスワードを設定
Windows7インストール2

Windows7インストール3


5.完了!
Windows7インストール5

Windows7インストール6


インストールは簡単でしたv

途中、時刻設定など設定項目がありますが、特に難しいことはありません。

使用感は仮想環境なので、なんとも言えないですが、

Vistaのエアロは使えませんでした。
しかも、ネットワークが認識せず、IEなども使えず。。。

下のタスクバーが大きくなっていますが、基本的な操作は以前と同じです。

エクスプローラなど、Vistaを引き継いでいて、自分は扱いずらい。


う~ん、これどうなんでしょ??

結論は~、XPのままでいいじゃん。(笑)

«  | ホーム |  »

About

yuuk

Author:yuuk
SE、プログラマー。

iMac(Late 2012, 21.5inch) New
MacBook Air(Early 2014, 11inch)
iPhone 6(64GB White) New
GALAXY S III α
iPad mini 2
NEX-5
Copen

当ブログはリンクフリーです。
リンクしていただけたら、Twitterかコメント欄でお教えください。
こちらからもリンクさせていただきます。

Twitterボタン

Recent Entries

Category

PC (26)
Mac (7)
Windows (2)
Linux (1)
スマートフォン (12)
iPhone (6)
Android (6)
WiMAX (3)
データベース (3)
カメラ (2)
車 (2)
Copen (1)
Kei (1)
プログラム (4)
本 (2)
映画 (1)
自炊 (2)
相互リンク (1)
日記 (19)

Search

Links

Counter

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。